ITAMI

上野村ヘリコプター墜落事故(過去の痛みVol.3)

上野村ヘリコプター墜落事故の写真

日航機123便の画像2度目の航空機墜落

大自然に囲まれた群馬県上野村の御巣鷹山には1985年、日航機墜落で520名の尊き命が消えている。住民は、その当時を思い出したと話した。今回のヘリコプター墜落事故、川のせせらぐ橋の上に機体が落下し、近隣では地響きがするすさまじい衝撃音がした。

 

 

欧州では飛んでいない機体

2017年11月8日墜落した航空機は運送用ヘリコプターAS332L通称スーパーピューマで、過去にノルウェーで同様の墜落事故で13人が亡くなっている。欧州の事故調査委員会ではメインローターに動力を伝えるギアが破損してメインローターの付け根から外れた可能性を示唆している。これを受けて欧州安全庁は同型機の飛行を禁止していた。しかし日本では運航している機体。

ブラックボックスの写真フライトレコーダがないのはいいの?

最近は一般の人でも自家用車にドライブレーダをつけており、記録を重視しています。回転翼航空機の場合は最大離陸重量が3,180kgを超えるものはコクピットボイスレコーダーの装着義務がある、最大離陸重量が7,000kgを超えるものはフライトデータレコーダーの搭載を義務づけられている。 今回の墜落したヘリコプターにその義務はなかった。

 

原因がわからない…でいいの?ヘリコプター墜落事故の写真

橋のアスファルトに墜落した衝撃で、計器類は火災消失しており機体も形は残っていない。目撃情報としては機体後方のテールローターから部品が脱落したのが見えたとの情報があるだけ。それ以外には、その部品の脱落を受けて、機体を予備着陸させるために高度を下げたとの話しもあるが、フライトレコーダやボイスレコーダーがないので原因が特定できない。それでいいのでしょうか???運輸安全委員会にはこの件についての事故報告書は掲載されていない。

運輸安全委員会 https://jtsb.mlit.go.jp/jtsb/aircraft/

AIロボットの写真運輸事故対策AI開発支援

人工知能開発基金では、運輸事故対策に繋がる自動操縦、安全機構や被害者の支援を具体化する人を助成しています。このヘリコプター事故を教訓に支援をお考えになる方がおりましたらご参加下さい。社会安全構築の開発とAI開発のプレス発表を共同で行います。個人10万円、法人・団体20万円 参加はこちらをご参照ください。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧