拡張知能があれば避けられた悲劇がある
実現へ向かう次世代の安全への願い。

過去の痛みを忘れない…

この基金は、これまでAI開発が進まなかったことで、犯罪やテロ、運輸事故や医療事故に巻き込まれた被害者や家族の心の『痛み』をもとに設立されたシンクタンクです。「社会安全構築」と「社会問題解決」のために、AI開発を行う公益事業や研究事業の助成を行います。2016年に内閣総理大臣認定公益財団法人公益推進協会内に発足し、2021年より民間のシンクタンクとしてAI政策を提言します。

Academic AI

大学・研究所支援のアカデミックAI。AI・ロボット・VR・ブロックチェーン、量子コンピュータ開発を支援します

アカデミックAI

Press

Press

AI Ethics

先端テクノロジーは『天使』にも『悪魔』にもなる。技術の後見に関してサードパーティーを形成します。

Disaster

災害予測の技術や救助活動の技術の開発を、わたしどもは支援します。これまで多くの災害を経験した各種のデータをもとに、予測技術の発展に貢献する研究を助成しています。

災害対策AI開発

Block Chain

ブロックチェーン技術によるスマートコントラクト社会を推進しています。この技術開発による安全社会のプログラムを構成しています。

ブロックチェーンAI開発

No Terror

テロや防犯技術の研究開発を助成し、次世代の安全を考えます。またAI技術が反社会行為に利用されない監視技術を支援しています。

テロ・防犯対策AI開発

Transport

手動運転による交通事故、機器のトラブルによる航空機事故、操縦ミスによる船舶事故、わたくしどもは、自動操縦、自動運転のさらなる研究を助成しています。

運輸事故対策AI開発

Medical

医療事故の軽減に役立つ技術開発を中心に助成しています。ベッドからの転落、患者の取り違い、電子カルテからのデータマイニング、内視鏡技術の開発、医療情報管理の効率化、医師のサポート全般に関わる技術を支援しています。

医療事故対策AI開発

No Military

軍事利用のAI開発支援を除外しています。また自律兵器(autonomous weapon systems=AWS)の開発に反対しています。そして、AI開発の軍事利用については、国際的なルール作りを国際連合に求める活動を行っています。

軍事AI規制対策

Deterioration

日本のインフラ対策は国の予算だけで賄うことが大変厳しい状況になっています。このインフラ老朽対策に貢献する保守技術全般のAI化を支援しています。

老朽事故対策AI開発

Industry

IoTと人工知能の発達により、各国で第4次産業革命達成の目標を掲げています。ドイツを中心にした『インダストリー4.0』、米国を中心とした、『インダストリアルインターネット』。日本では、『ソサイエティー5.0』を打ち出しています。わたくしたちはこの構想の基軸になるAI開発の支援を続けています。

産業改革支援

The Day

事件事故の忌日に合わせて、研究支援を行う『The Day Project』人工知能開発基金は、大学の研究室を応援しています。

プロジェクト

Society

いじめ、自殺、ハラスメントなど社会問題について、人工知能によるアプローチを支援します。ベンチャー企業の参入や研究分野を助成しています。

社会問題解決支援

About us

わたくしどのも取り組みは、『社会安全構築』と『社会問題解決』に寄与するAI開発の支援です。そして軍事AIの開発に関しては反対をしています。

活動内容

Remember

過去の痛みを忘れない…遺族にとって過去の出来事を風化させない願いをAIのプロジェクトにしています。この活動は同じ過ちを繰り返したくないという願いをもとに、新たな安全社会への形を遺族の皆様や関係者の方々と協力して進めています。

過去の痛み

Guardian

この活動をアーランド D ウィリアムスに捧げる。

記録