己を犠牲にした人がいる
過去の英雄を忘れない

Hero

  • HOME
  • 過去の英雄を忘れない

赤いバンダナ9.11

他者を救った人がいる。粉塵を防ぐ『赤いバンダナ』をつけた青年ウェールズ・クラウザー(Welles Crowther)は、金融会社の従業員でワールドトレードセンターの104階で働いていた。航空機の激突を受けて18人を階段で運搬救出し、その後、南棟の崩壊とともに消えた。2006年にニューヨーク名誉消防士の称号を与えられる。9.11記念館には彼の赤いバンダナが展示されています。
•生年月日:1977年5月17日
• 出身:アメリカ ニューヨーク
• 学歴:ボストン大学

東海道新幹線殺傷事件

他者を救った人がいる。新幹線で隣の席に座っていた女性に突然「このヤロウ」と叫んで立ち上がり、刃物を振り下ろした容疑者。それを止めに入った人がいる(匿名)亡くなった英雄は搬送時すでに心肺停止で、まもなく死亡が確認された。首や額、腹のほか肩から胸にかけて傷が集中していた。止めに入った英雄のおかげで、社内の被害を最小限におさえた。遺族は「言葉にならない、そっとしといてほしい」と言われている。

新大久保駅ホーム転落事故

他者を救った人がいる。JR新大久保駅で、男性がホームから転落し、この男性を助けようとして線路に降りた男性2人の計3人が、山手線内回り電車にはねられた。3人は間もなく死亡した。
最初に転落した男性は50歳代とみられ、酒に酔っていたらしい。助けようとした男性2人は電車とホームの間にはさまれた。