過去の消えない痛み…
次世代への願い

Victim

  • HOME
  • 被害者支援

過去の痛み

『過去の痛み』プロジェクト
わたくしどもの原点は、過去の事件事故で、大切なご家族友人を亡くされ、その時間に立ち止まって苦しんでおられるご遺族や友人に、同じ過ちを起こさない未来の社会を感じていただくことです。

消えない痛み….

これまで多くの方々が犯罪やテロ、運輸事故や災害に巻き込まれ、いまだに心の痛みに耐えていらっしゃるご家族がいること。その痛みは生涯消えないということ…
その消えない痛みを活動の原点と考えたいのです。

同じ過ちを犯さない…

人間が、安全システムに介在することで、起こすエラーをどう排除するのか…今の社会では人間を『訓練』したり『教育』することでしか糸口を見つけられなかったのです。

過去の痛みを忘れない

心と業務の違い

人間の精神的活動と業務的活動が混在して、何を頑張れば事故が減るのか。『自動化する業務』と『思考が必要な業務』を分けることから始めなくてはなりません。わたくしども人間はミスをするから人間です。ミスをした人が劣人と評価する文化は本当に正しいのでしょうか?

ミスが悪なの?

そもそも人間はミスを犯すから人間であって、ミスしないことを求める文化や教育を見直す時期です。人間はその日の気分や体調、人格、年齢により一定の精度が保てないことを知りながらも、それを続けているのです。

人間の未来について

人間が人間であるが故は『心』という複雑な感情を持つからです。単純作業や論理的な業務は自動化され、最後に問われるのは人間の『心の在り方』です。今後のオートメーション文化で一番に注目される人材は、高度なイマジネーションを持つ人間です。機械にはできない発想の持ち主が必要なのです。

人間らしさへの原点回帰

単純作業と論理的業務が自動化されれば、それをコントロールできるだけの強い感性と知識が必要とされます。AIには持ちえない人の『こころ』の重要性が問われます。

企業の文化

単純作業と論理的業務が自動化されれば、自ずと企業が社員へ求める能力は変化します。今までの概念を見つめなおす時期が近づいています。

AIを活用した取り組みを…

ヒューマンエラーを撲滅する活動を社会が開始して、久しく年月が経ちますが、ヒューマンエラーはゼロにはなりません。すでに、こうした取り組み自体に変化が求められています。

基本の理解

AIの定義は、研究者により誤差がございます。また分類方法や技術領域に関しても幾通りか存在しています。まずは現状を正しく理解することから考え、過度の期待や幻想に惑わされず、本来必要な技術に着目します。

人工知能について

可変的な取り組み

わたくしどもは、その時代ごとに生まれる有用な技術を用いて重大な事故や事件、災害やテロなどへの対策を考えることを基本理念においています。

協議会
設立の起源を表す画像

プロジェクトの種類

わたくしどもの取り組み方の姿勢として、社会安全に貢献する分野と社会連携を必要とする分野、そして軍事的な利用の制限に関して3分野を基調として活動を行っています。

1、社会安全分野

テロ対策AI開発、犯罪対策AI開発支援、災害対策AI開発、運輸事故対策AI開発、医療事故対策AI開発、老朽対策AI開発

6つの社会安全

2、社会問題解決支援及び経済成長

社会問題解決支援、ブロックチェーン開発、産業改革支援、政治政策開発、フィンテック開発、農業分野開発、林業分野開発、水産業分野開発、建築分野開発、サービス分野開発、保安分野開発、その他

公益AI開発

3、反社会的な利用の制限化

軍事活用の規制化、嘆願署名活動

軍事AI規制対策