PRESS

信濃毎日新聞社掲載

軽井沢スキーバス事故黙祷

経験や勘で運転することには反対なのです。

2019年1月15日、軽井沢スキーバス事故現場での『黙祷活動』について、世話人代表赤羽輝久のインタビュー掲載記事(信濃毎日新聞掲)数社の新聞報道各社から黙祷後のインタビュー依頼を受託。関係者でなく部外者として、囲み取材を受けました。黙祷を行っている趣旨の説明及び、活動の趣旨について、『私たちは人間の「経験」や「勘」そして運転者の「体調」に左右されてしまう、今の輸送技術に大きな疑問を持っていることを説明いたしました。同時にこのバス事故で、沢山の規則や違反時の罰則事項が加えられたと聞きますが、抜本的な解決にあらず。『人間が介在することの危険性があること』そして人工知能の自動運転技術レベル5など、運輸業界全体のAI開発の助成支援を行っている趣旨を説明を行いました。

掲載記事はこちら